水戸メンタルクリニック

トピックス

コラム

【コラム】レクサプロ(成分名:エスシタロプラム)の効果や副作用について

2021/09/03 更新

1.レクサプロの分類

レクサプロ(成分名:エスシタロプラム)はS S R I(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という分類に属します。

 

2.レクサプロの効果(適応症)

レクサプロは、うつ病・うつ状態、社会不安障害に保険適応されているお薬です。

 

3.レクサプロの作用メカニズム

S S R Iという分類のお薬は、セロトニンという脳内の神経伝達物質を増やすことで、効果を発揮します。セロトニンは、脳内でドーパミンやノルアドレナリンと共に、感情や気分のコントロールに関連している物質です。
うつ病や社会不安障害の症状と、セロトニンの低下が関連していると言われており、レクサプロはセロトニンを増やすことでうつ状態や不安な気持ちを改善させていくと言われています。

 

4.レクサプロの特徴

S S R Iの中では最も新しいお薬です。レクサプロは、セロトニン以外の他の脳内の物質への作用が少ないため、他の抗うつ薬と比べると副作用が少ないことがメリットです。
レクサプロは効果が感じられるまでに数週間かかることが一般的なので、飲み忘れず続ける必要があります。レクサプロは1日1回の服用で良いため、飲み忘れる心配が少ないメリットがあります。

 

5.レクサプロの副作用

S S R Iの特徴として、飲み始めに下痢や吐き気という消化器症状を感じやすいことが挙げられます。これはセロトニンが脳だけではなく、胃腸にも働きを持っているからで、胃を荒らしてしまう強い薬というわけではありません。心配な方は、服用初期に胃薬を一緒に服用することで副作用を感じにくくするという方法もあります。通常は数日から1週間程度で消失する副作用です。
そのほかには心電図異常の報告があります。健康診断などで不整脈を指摘されたことのある方は、飲み始める前に医師に相談してください。

 

6.レクサプロのやめ方

レクサプロは効果が十分に発揮され、状態がよくなったのを確認してからゆっくりと減らしていくお薬です。急にやめたり、飲んだり飲まなかったりすると「離脱症状」と言われる耳鳴り・痺れ感・吐き気・頭痛・イライラ・不安感などの症状が出たりします。医師と相談しながら、焦らず徐々に調節することで、上記のリスクは最小限に抑えられます。

水戸メンタルクリニック 院長 高尾哲也

◀ トピックス一覧に戻る

まずはお電話下さい

1. 電話でのご予約

まずは電話にてご予約ください。


TEL 029-303-1155

2. 問診票の登録

電話にてご予約後、ご来院日までに、以下から問診票入力をお願いします。ご来院時にご入力がなかった場合、当日ご入力いただくことになります。

問診票登録(Myclinic問診票)